脊柱管狭窄症を治療

脊柱管狭窄症の病気の原因と対策について

脊柱管狭窄症は、頸椎や腰椎に主に起こる病気で、先天性または後天性により脊柱管が狭くなり、脊髄や神経が圧迫されて症状が出るものです。

脊柱管狭窄症の後天性によるものは、加齢によるものや外的要因により発生します。

頸椎の場合は、椎間板の突出、人体の石灰化などにより、腰椎の場合は、すべり症や黄色靱帯の石灰化なども原因となります。

症状としては、頸椎の場合には、肩や首から始まり、首を前に曲げる、後に曲げるといった動作をすると、肩から上肢にかけて痛みが出てくるようになります。

これにより、脱力感や疲労感や手指の感覚の異常感やこわばりなどの間隔が出てきて、手先を使う仕事の動作がしにくくなってきます。

腰椎の場合には、下肢の両方または片方の痛みや感覚がマヒしたような障害や筋力が低下するなどが主な症状として見られます。

ひどい場合には、少し歩くと痛みのために歩けなくなりますが、しばらく休むと再び歩くことができるようになる間欠性跛行という症状がみられる場合があります。

症状が進行すると、尿が出にくい障害もでてくる場合があります。

脊柱管狭窄症は、骨の病気ではなく、筋肉の機能が低下することによる脊柱管の開閉ができなくなるために、その中を通っている神経が圧迫されて、血液が一時的に流れなくなる、流れが悪くなるといった状態に陥り、しびれや痛みが発症するものという説もあります。

通常、脊柱管狭窄症の原因として言われているものには、ほとんど後天性の原因で、変性すべり症や分離すべり症や外傷によるものなどがありますが、骨が原因とすれば、立つ・座る・手を使うなどの動作自体ができないということになります。

従って、脊柱管狭窄症は骨の病気ではなく、運動不足による筋肉の機能が衰えたためだとしています。

通常の治療方法としては、血管を拡張させ血流量をあげるといった薬物療法や硬膜外ブロック注射や神経根ブロック注射や手術治療などや、軽症の場合にはコルセットの装着やマイクロウェーブ療法や超音波療法などがあります。

しかしながら、筋肉の機能低下であれば、体操療法が効果を上げることができます。

私のお勧めする療法は、こちらです。

脊柱管狭窄症の治療法をチェック